LOG IN

台湾到着、移動とミュージックナイトの1日目(ことみの台湾語学学習滞在記)

by ことみ

「着いたらなにしようかな」

「写真撮りたいな、なに作ろうかな」

妄想していたら、あっという間に台湾の桃園空港に到着です。

11時半に成田空港を出発して、到着したのが現地時刻の14時半ごろ。

台湾と日本の時差が1時間なので、フライトにかかった時間は計4時間でした。

ちょうどお腹が空く時間です。

到着ロビーへ向けてぞろぞろ歩き、フォトジェニックなTAIWANに見守られながら、入国手続きの列に並びます。

入国カードを機内でもらわなかった場合は、入国手続きの列とは別のカウンターでもらえます。

記載台がありましたが、機内で書いておくか、手続きの列に並びながら書くと待ち時間が少ないですね。

手続き自体は、パスポートを見せて、顔写真と指紋を取って…の1分ほどで終わりましたが、列に並んでいる時間はそれなりにあったので、わたしはこの間に、Wi-Fiルーターの設定などを…

そう、Wi-Fiがつながって、北海道の地震についてのニュースをたくさん見たのもこのときでした。

一般人の身、募金くらいしかできませんが、せめて普段から、自分が住んでいる地域の行政が行なっている防災対策をまめにチェックして、避難場所や備蓄の確認をして…をしっかりしたいと思います。

入国後、キャリーケースを受けとって到着ロビーへ。

旅のミニマリズムの極意をならったはずなのに、なぜかキャリーの重量は9.5キロで、肩にはPCとカメラの入った手さげが食い込んでいて…おかしいな…。

手持ちの荷物とあわせて、約13キロをかついで歩く台湾の旅。

到着ロビーの両替所で、日本円を台湾ドルに替えて、初めてのお買いものです。

エビアンは高価!

50元(200円くらいのイメージ)を握りしめて、いざお買い物です。

チャリーン!

その後、一階のバス乗り場に向かって、

途中のコンビニで「easy card」を100元で買って300元分チャージして、

(バスのチケット売り場までおしゃれ)

easy cardとは、日本でいうSuicaみたいなもので

 チャージできるのは駅とコンビニ

 使えるの場面は、バスと電車とコンビニなどでのお買いもの

なんですって!

(まつりさんに教えてもらった)

5番のりばから1831番のバスで、台北市内へ!

乗るときに降りるバス停を伝えて、easy cardをタッチして、乗車したのですが…

実は出国時に問題が発覚していて、中国語…!

もはや、習ったことのないスペイン語と同じレベルで聞き取れないし話せなかったので(ここでまた自己肯定感が下がる)、心を入れ替えて、学びの一週間にしようと思いました。

(副題が「ことみの台湾語学学習滞在記」になる)

30分ちょっとで台北市内に到着。

バスの各座席にはUSBの充電ジャックがあって、フリーのWi-Fiも飛んでいて、台湾すごい…!ってなります。(追記:路線バスには充電ジャックは付いていませんでした。Wi-Fiはあったよ)

降車ボタンは日本と同じしくみで、日本のせんべいをかじりだすおばちゃんがいて、なんとも言えない安心感。電光掲示板に駅名が出るので、言葉が聞き取れない私にも安心でした。

泊まったのはこちらの「Lucky One」ホステル!

一泊60元(約2,500円)とかなりお安いのに、室内はとてもきれいでおしゃれでした。

あとでお写真ものせますね。

右手ぴーん

おしゃれしか言っていない、語彙力

ちなみに、Facebookでチェックインするとボディソープとシャンプーが貰えるので(私ももらいました)、チェックインした1150名ほどの皆さまは、きっとシャンプーを持ってきてなかった人なんだと思います。

荷物を減らしたかしこい人、とも言えますね。

到着後、まつりさんがさっそくコーヒー活動に勤しんでいるなか、わたしはベッドの上でせこせこと手を動かしておりました。

先月のイベントのまとめnote書くんでしょ。

書かないと、誰にも読んでもらえないからな。

読んでもらいたいの?なら書くのよ、と自分を叱咤激励しつつ…

(台湾で書き上げなければいけないものがまだいくつかあるので、旅しつつも手は動かし続けたいと思います。iPad芸人もしたいし、でも夜は8時間寝ないと日中死んでしまうので、ああ時間が惜しい…)

夕方20時からはまつりさんとおしゃべり配信をして、

21時にはバスに乗り、今回のCLASH台湾ツアーをコーディネートしてくれた方に会いに。

日本語も英語もガンガンしゃべれて、ドラムまで叩ける素敵な人でした。

(詳しくは明日のまとめ記事で!)

お邪魔したのは、松江南京駅近くの露西亞珈琲さん。

木曜日の夜にはジャズセッションが開催されるとのこと、会場のお客さん…と思っていた人が急に立ち上がってステージで楽器を演奏しだす、なかなかにカオスな場所です。

生演奏って、気持ちいいのですね…。

ものすごーーーーく楽しかったので、音楽が好きなかたにおすすめです。

露西亞珈琲:

104 台北市

南京東路二段124號9F

▷ 詳細はリンクからどうぞ!

帰るころには夜もとっぷり更けて、それでも台北の町はまだまだ元気です。

明日はいよいよ、CLASH台湾SHOWが開演。わくわく…!

OTHER SNAPS